top of page
  • R.T

ショートカット_002

更新日:2022年5月25日

みなさんお疲れ様です。

株式会社ONEのR.Tです。


今回も前回に引き続き

Premiere pro のショートカットに

ついて書いていきたいと思います。


その前にショートカット余談をひとつ。


ショートカットにしたい女性心理の一つに

「好きな人に振られたから」

という理由があるみたいです。


それにつけこんで

自分のオススメ失恋ソングのMDを渡して

「これ聞いて元気だしなよ」

「良かったら相談に乗るよ」


と言ったことある人


僕だけではないはず….笑




まぁそんなことは置いといて


今回はコマンドを押した状態の

ショートカットキーの割り当てを紹介します。




ここからは

⌘←(コマンド表記で書いていきます。)


⌘+1 ソースモニターに移動

⌘+2 プログラムモニターに移動

⌘+3 タイムラインに移動

⌘+4 プロジェクトに移動

⌘+5 エフェクトに移動


このキーは速度上昇につながります。

新人に何しているかわからせないようにしましょう。


⌘+E エフェクトコントロールに移動

↑テロップの動きや加工の確認



⌘+R ワークエリア全体をレンダリング

↑インアウト部分のレンダリング


⌘+T トラックの追加...

↑シーケンス整理の際にトラックを増やせます。


⌘+I 選択... 

↑選択したクリップのプロパティを表示


⌘+P メディアをリンク

↑メディアの再接続です。


⌘+D 複製

↑元のシーケンスは複製して残しておきましょう


⌘+J 速度・デュレーション

↑スローや倍速です。




↓テンキーありに入れてます


⌘+↑ すべてのターゲットビデオを上に移動

⌘+↓ すべてのターゲットビデオを下に移動


⌘+1.2.3.4.5.6.7.8

ターゲットビデオ の選択を切り替え

↑これを入れればカチカチ音が減ります。


⌘+0 すべてのターゲットビデオを切り替え

↑これでリセットしましょう。



ちなみにターゲットビデオが

アクティブになってる段に

コピーした物を貼り付けられるように

なってます。


⌘++、⌘+ー ズームイン アウト

↑シーケンスの拡大や縮小は便利なので入れておきましょう。



 


キーの割り当ては個人のやりやすいように

変更して大丈夫ですがデフォルトのものは

なるべく変更しない方が安全です。


DをでっかいのDということで

フルスクリーンに割り当てるのはお勧めできません。笑

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page